フォレストファーム弥栄・やさかの森

日曜日にご近所のフランスケーキ屋”セレステ”さんに行った時、大竹の農家フォレストファーム弥栄さんがやっている十日市の店”やさかの森”さんが良い昆布を探しているとのことで訪問しました。

めずらしい野菜がたくさんあります。

めずらしい野菜がたくさんあります。

完熟のトマトや、いろいろな野菜がありました。かなりめずらしい野菜や昔ながらの野菜があり、一味違った料理ができそうです。

今回の件は、しいたけの料理に昆布を使いたいとのこと。あまり全面に出ず、うまみで下支えをしてくれるような昆布を探しているとのこと。しいたけ自体の味と、それ以外の調味料との相性もありますが、真昆布のすっきりした香りの甘いうまみか、利尻昆布のさっぱりした香りとすっきりしたうまみをオススメしました。しいたけと合わせた時に利尻昆布がどう変化するかは、実際に料理してみないとわかりません。

うちにもいろいろな昆布がありますし、近所に100年やってる昆布屋さん、”坂田昆布店”があるのもお伝えしました。季節や料理、お好みから、ぴったりな昆布を選んでもらえばと、近いうちに見本を持って行ってみようと思います。

広島にはたくさんの昆布屋さんがありますが、小売をしているのは、むさしいろりやの横を入ってすぐ・榎町の坂田昆布店、広島駅前の商店街”愛友市場”があったあたりのギリ・猿猴橋の高橋商店、そして呉市広のヤマサキ食品だけです。

坂田昆布店は羅臼昆布を始めいろいろな昆布やしいたけなど、家庭用・贈答品・業務用いろいろ揃っています。高橋商店は店頭に日高昆布の計り売りがあり、1等・3等・5等から用途に合わせて試してみては?最近は昆布を求めて来られる若い人が少ないので、お近くの方は、ふらっとよってみたら喜ばれると思います。どんな料理に合う・強い昆布/脇役な昆布・安いのにうまい昆布など、いろんな話が聞けると思います。

もみじ3号がありました。

もみじ3号がありました。

ちなみにこれは”もみじ3号”。東雲のカレー屋、”マサラ”でも使用されている、甘いたまねぎです。長く持つタイプのたまねぎなのに新タマみたいに生でも食べられるくらい甘いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)